PT04BDMWパイ投げ体験その4 平然編

クリックで画像を表示
■Blu-ray版
■商品番号:PT04Blu-ray-Route 207

Blu-ray版、本編各約28分)

パイ投げメインの作品です。
今回は、モデルさんにいくつかの簡単な行動(「自己紹介」・「メイク」・「雑誌を読む」・「お菓子を食べる」・「シャワー」)をやってもらいながら不意打ちでパイを浴びせていき、モデルさんはそのあいだ何事もなかったかのように振る舞わなければならない、動揺した態度を示したら罰ゲーム、という内容をやってみました。 判断をわかりやすくするため、一度でも何か驚きの喚声(ワー!・キャッ!・エッ!等々)を漏らしてしまうとアウト、という形式にしています。
パイ投げ自体が罰ゲームのようなものですが、モデルさんにとってそれ以上に罰ゲーム感がありつつ許容していただけそうなものということで、墨汁(に潤滑剤としてローション的な液体を混ぜたもの)を浴びるという罰ゲームを用意しました。 量的にコーティングの域には達していませんので、それを目的にご覧になられるほどでは全然ないと思います。
モデルさんはポートレート撮影などの経験が豊富な落ち着いた方で、たぶん何も動揺しないと思うとおっしゃって、かなりの自信をもって撮影に臨まれました。 実際、どんな不意のパイにも平然として全然動じることがなかったのですが(撮影者や投げ手が視界に見えているため、投げるタイミングを大方読み取られていたかもしれません)、終盤、とあるパイで思わず声をもらしてしまい、罰ゲームを受けることになりました。
ゲーム形式ではありますが、これまで様々な方が作られたパイ投げ作品に比して、パイ数・段取り・場所のセッティングなどいずれもまったく本格的なものではありませんし、ましてや本家「ガキの使い~」の「ノーリアクションパイ投げ地獄」とは規模的に全然比較になりません。 ちょっとした小品として、こういうのでもOKという方がおられましたら、ご笑覧いただけましたらさいわいです。

ディスクジャケットなし、プラケースにて発送いたします。

内容詳細はこちらをご参照ください。
http://www.route207.net/pt04hz.html