PT09BDMWパイ投げ体験その9 評価編

クリックで画像を表示
■Blu-ray版
■商品番号:PT09Blu-ray-Route 207

Blu-ray版、本編各約27分)

パイ投げの作品です。 今回は2人のモデルさんに、パイ投げ・白ペンキ・墨汁・粉という4種類の素材を実際に体験してみて、罰ゲームという観点から「やる側」・「やられる側」としてどのように感じるのか、評価していただきました。
「やる側」(たとえばパイの場合、投げる側)としては「自分じゃなくてよかった感・もてあそぶ感・すっきり感」の3点、「やられる側」(たとえばパイの場合、投げられる側)としては「やられたくない感・屈辱感・逆に楽しい感」の3点を、それぞれ星を付けて評価付けするというものです。 白ペンキは、濃く溶いたおしろいを使用しています。
モデルさんは友達同士で、うち1人(キャプチャ画像1枚目向かって左側、Aさん)は「パイ投げ体験その8 手本編」・「泥んこ体験その14 三種編」にもご協力いただいてます。 実際の順番としては今回の作品が初めての撮影にあたります。
「やられる側」となる時間の長さで見れば、どちらかと言うとAさんのほうがメインのような内容になっています。 Aさんによれば当初「パイを投げる側」のほうを楽しみに参加されたそうですが、結果的には白ペンキ刷毛塗り→上から墨汁刷毛塗り→パイ投げ→墨汁つっこみ・粉つっこみという流れを真正面から体験する結果になりました。 白ペンキ・墨汁は罰ゲーム感が強かったそうですが、パイは感触も良くむしろ楽しかったそうです。

ディスクジャケットなし、プラケースにて発送いたします。

内容詳細はこちらをご参照ください。
http://www.route207.net/pt09.html